what's goblin?

桐朋学園大学演劇科の同期である升 望・岡村佳代子・小川大二郎により2013年結成。

声優・ミュージカル・コメディと異なるジャンルで活躍している3人が、大学卒業以来10年以上経ってから再会結成という奇跡のユニット。

各々のジャンルの特性を活かし「もっと気軽に劇場へ」「どこまで実験的、挑戦的にエンターテイメントを発信できるのか」そんな意識から【悪戯】をコンセプトに独自の世界観を展開している。

特に“大人のファンタジーコメディ”には定評があり、着実に観客動員数を伸ばしている新進気鋭の劇団である。

お茶の間ゴブリン

 

お茶の間ゴブリンブログ

http://ameblo.jp/ochanoma-goblin/

 

お問い合わせ

ochanoma_gob@yahoo.co.jp

 

 

goblin member

masu

升 望 Nozomi Masu(ゴブリン主宰)

声優として活躍し「紅」「らき☆すた」「魔法少女リリカルなのは」など数多くの代表作をもつ。演技力の評価も高く数々の舞台にゲストとして出演し、多ジャンルなファンを獲得している。(プロ・フィット所属)

のぞみの日記:http://ameblo.jp/nozoko-nikki/

kayoko

岡村佳代子 Kayoko Okamura(ゴブリン主宰)

老舗ミュージカル劇団の中堅として全国で数多くの公演に参加し、華奢な体から生まれるエネルギーと存在感を不動のものとしてきた。
現在はミュージカルのツアー公演だけでなく、シャンソニエでのライブやイベントの司会などを精力的に行い、多彩な表現力を発揮している。

Sweet Candy Diary:http://yaplog.jp/k-sweet-candy/

お茶の間ゴブリン

小川大二郎 Daijiro Ogawa(ゴブリン主宰)
ジェットコースターコメディーと銘打って行われる公演は、数々のファンを笑いの坩堝に落し入れてきた。そんな劇団の立ち上げメンバーである。
役者に留まらず、脚本家や演出家としての側面も持つ。

池田理沙 Risa Ikeda(ゴブリンメンバー)

中学生の時に劇団ひまわり入団。舞台、映像作品への参加を経て、退団後は各所で演技のレッスンを積みながら、客演やプロデュース公演、オーディション公演、ドラマリーディング企画、集団パフォーマンスなど様々なジャンルに挑戦し続けている。

gallery

画像をタップすると拡大表示されます。